5.「アンプ・エフェクター講座」

いい音を出すためには演奏技術だけではなく、機材の扱い方も学ばなければならない!
ここではアンプ・エフェクターの基礎知識を解説していく!


アンプ(アンプリファイヤー)

そもそもアンプって何なのか?ギターの音を大きくする道具?実はそうじゃない。
アンプはギターの音色を作るための機械なんだ。

その形、大きさは実に多彩。しかも全てが全く異なるサウンドを生み出す。
何がどんな音なのか・・・。それは今この場で語り尽くせないが
(詳しくはサークル「ギターサウンド研究会」にて)、
根本的な操作方法はどれも大方共通なので是非覚えておこう。

写真はアンプのコントロールパネル。ジャックと幾つかのツマミが並んでいる。
当然このツマミをいじって音色を作る訳だ。


メーカーや機種によってあったりなかったりする制御ツマミ・ジャックがいくつもあるが、
代表的なものを取り上げておこう。

GAIN・・・・・・・・・・・・・・ゲイン。音を歪ませるツマミ。上げればどんどんヘヴィーな音に変わっていく。
MASTER・・・・・・・・・・・マスター。マスターボリュームとも言う。「アンプから出る音量」を決めるツマミ。
VOLUME・・・・・・・・・・・ボリューム。マスターと混同してしう人もいるが、これはギターからの
              「アンプへ入れる音量」を決める為のツマミ。クリーンな音を作る場合はこちらを下げて、
              マスターを上げる。ヘヴィーな音なら逆。
PRESENCE・・・・・・・・・プレゼンス。超高域音を制御するツマミ。上げれば透明感を演出出来るが、
              上げすぎると耳に痛い音になるので注意。
TREBLE・・・・・・・・・・・・トレブル。高域音を制御するツマミ。
MIDDLE・・・・・・・・・・・・ミドル。中域音を制御するツマミ。上げればタイトな音になる。下げれば輪郭の
              はっきりした音になる。サウンドキャラクターを決定づけるツマミ。
BASS・・・・・・・・・・・・・・ベース。低域音を制御するツマミ。上げれば迫力のある音になる。
REVERB・・・・・・・・・・・・リバーブ。残響音を追加するツマミ。カラオケのエコーのようなもの。音に立体感が出る。

INPUTS HIGN・・・・・・フェンダー系なら「1」と表記されている。パッシブピックアップ(普通ピックアップ)に対応。
INPUTS LOW・・・・・・フェンダー系なら「2」と表記されている。アクティブピックアップ(電池駆動のピックアップ)に対応。

SEND・・・・・・・・・・・・・センド、リターン。フェンダー系ならパワーアンプイン、プリアンプアウト。
(POWERAMP IN)   詳しくは下記で。
RETURN        
(PREAMP OUT)    

さて、実際の音の作り方だが、一番手っ取り早いのは全てのツマミを「5」にして
足りないものを押し上げ、不要なものを下げる方法だ。
あまり難しく考えないで感覚で作ってしまおう。

注意点が一つ。真空管アンプには「オンオフ」「スタンバイ」の二つのスイッチがあるが、
電源を入れるさいはツマミ類が「0」になっている事を確かめ「オンオフ」→「スタンバイ」の順番で。
電源を切る際はツマミ類を「0」にしてから「スタンバイ」→「オンオフ」の順番で切ろう。
そうしないと壊れてしまう事がある。


エフェクター

エフェクターとは音響効果を与える音響機材を指す。

先にも述べた通り、本来はアンプで作る事が前提だけど、
例えばスタジオに好みのアンプがあるとは限らないし、
例えばアンプだけでは思い描くサウンドを作れない・・・そういった事態に対処するために
セッティングを持ち歩ければ・・・それがエフェクターの必要意義になる。

エフェクターは大きく分けて4つの系統からなる。

制御系・・・・・コンプレッサー・ノイズゲート
歪系・・・・・・・オーバードライブ・ディストーション・ファズ
空間系・・・・・フランジャー・トレモロ・フェイザー・コーラス・エコー
残響系・・・・・ディレイ・リバーブ

実はまだまだあるのだけれど、取り敢えずここにあげたエフェクターだけ解説していく。
それから接続順番があるが「制御系」「歪系」「空間系」「残響系」、この解説順でオッケーだ。

「制御系」
コンプレッサー・・・・・・過大入力を抑圧し、最小入力を押し上げる事で極端に大きな音、極端に小さな音を整える。
ノイズゲート・・・・・・・・ノイズリダクションと呼ぶメーカーもある。ノイズが起こる周波数をカットするもの。

「歪系」
オーバードライブ・・・・マイルドでスタンダードな歪を作るもの。             
ディストーション・・・・・金属的でハードな歪を作るもの。
ファズ・・・・・・・・・・・・・もっとも過激に歪むエフェクター。掛けすぎると何の音だかわからなくなる程。

「空間系」
フランジャー・・・・・・・回転したような音を演出するもの。
トレモロ・・・・・・・・・・・ゆらゆらと音を揺らすもの。
フェイザー・・・・・・・・・波のようにうねる音を作り出すもの。HR/HMでは必須。
コーラス・・・・・・・・・・・音を揺らし、さらに遅らせる効果を与える。
エコー・・・・・・・・・・・・反響音を演出するもの。お風呂場などのアレ。

「残響系」
ディレイ・・・・・・・・・・・やまびこのような演出を与えるもの。
リバーブ・・・・・・・・・・部屋やホールなどの残響音を演出するもの。

センド&リターン

エフェクターで作った音をアンプに噛み合せるための方法。
センドとリターンを経由しないと、アンプとエフェクター群の二重エフェクトになってしまうので注意。
下の図のようにセットすればオッケーだ。

1 Comment to "5.「アンプ・エフェクター講座」"

  1. 2017年11月21日 - 6:30 AM | Permalink

    I see you don’t monetize your blog, don’t waste your traffic, you
    can earn extra bucks every month because you’ve got hi quality content.
    If you want to know how to make extra bucks,
    search for: Boorfe’s tips best adsense alternative

Leave a Reply